ドルログ

テニスの記事が多い大学生雑記ブログ

MacBookProを水没させ修理屋にたらい回しにされたが奇跡の復活|データなど対処すべきこと

f:id:doldol_96:20181226005511p:plain
どうも、こんにちはカノンです。 

 

私の普段使用しているパソコンはMacBookProなのですが、先日パソコンにジュースをこぼすという凡ミスをしてしまいました。

 

奇跡的にパソコン本体は生きているので、こぼした直後に行った対処法、また水没後にすべきことを書きたいと思います。

水やジュースをこぼしてしまったという人の参考になれば幸いです。

 

それでは早速参りましょう。

 

 

 

使用中のMacのスペック

f:id:doldol_96:20181226010154j:plain

私が使用しているのは、MacBookPro(2016)の13インチのモデルです。

 

買ってから1年と半年くらいなのですが、とても大きな買い物です。

タッチバー付きではなく、カスタマイズもしてないとはいえ、付属品やその他諸々を含めると15万円を超えるものです。

ジュースをキーボードにかけたときは走馬灯が見えました(笑)

 

ジュースをかけてからすぐにしたこと、すべきこと

f:id:doldol_96:20181226010732j:plain

パソコンにジュースをかけた時、私は授業のレポートを書いている最中でした。

これはまずいと思い、ティッシュとキッチンペーパーで水分を拭き取りました。

この時、電源はついたままでした。

 

本当に最初にすべきことは、パソコンの電源を落とすことです。

パソコンの電源を落とさずに作業を続けたり、充電をしたりすると通電してしまいショートして完全にパソコンが動かなくなる可能性が高まります。

 

また、ノートパソコン、特にMacはキーボードのすぐ下に基盤があるため、水分をよく拭き取り、乾かす際はキーボードを下に向けて乾かしました。

 

砂糖を含む飲み物をこぼすと基盤を侵食する

f:id:doldol_96:20181226011435p:plain

こぼした飲み物が水やお茶のように砂糖の入っていないものであれば、乾かしただけでなんともない可能性が高いです。

 

しかし、砂糖入りの飲み物の場合、乾いて電源がつき、動いていても安心はできません!

なぜかというと、砂糖が基盤まで到達すると時間をかけて腐食していくからです。

 

私もスポーツドリンクをこぼしたので、電源はついていますが腐食が心配です。

 

キーボードがべたつく、特にバタフライキーボード

砂糖入りの飲み物をこぼすと、とにかくキーボードがべたつきます。

 

特にMacはバタフライキーボードという特殊なキーボードを使用しているため、打感が損なわれます。

 

f:id:doldol_96:20181226011835j:plain

写真のように簡単にキーボードの上の部分は外すことができます。

外すと白い部分に砂糖が茶色く付いていることがあり、それが打感を悪くする正体でした。

なので、打感が悪いキーをすべて取り拭くという作業をしました。

※自己責任でお願いします。キーボードが治らなくなる可能性もあります。

 

その際、拭くだけでなく、キーボード用のエアダスターを使うと効果的でした。

 


しかし、この方法はあくまで一時的な対処法です。それでもやらないよりはマシですが。

 

水没はMacの修理保証対象外!

残念ながらMacApple Careなどに加入していても、水没は保証対象外なのです。

 

Appleの公式店舗に行って、修理価格を聞いてきましたが、

キーボードの取り替えだけで5万円前後でした。

 

また、もし侵食が基盤まで行っていた場合、基盤ごと取り替える必要があります。

基盤の交換は10万円前後かかるそうで、それなら新品が買えちゃいますね。

 

修理期間は2週間〜4週間かかるそうで、レポートに追われる理系大学生には修理に出す選択がありませんでした。

 

修理屋さんにはたらい回しにされました

f:id:doldol_96:20181226012748p:plain

このMacもしも水没で動かないなんてことがあったら、お金を出してくれた親にも申し訳ないですし、レポートも出せず単位も来ないということで即日修理屋さんに持っていきました。

 

しかし、結果は5店舗ほど回りましたが、すべて「うちでは修理できません」

 

なんでも、新型のMacはバタフライキーボードを採用していて、修理が難しいそうです。

またキーボードを保有している店舗が少なく、キーボードを発注する必要があるそうで、それが届くのにも1〜2週間待つ必要があるとか。

 

新しいとは良いことでもあり、弊害も多いんですね。

 

水没を修理するのであればMac修理専門店へ

水没に関しては1番安心できるのはMac修理専門のお店です。

 

パソコンやスマホ全般を修理しているお店だと専門知識が足りず修理が難しいそうです。

しかし、Mac専門で修理を行っているお店では、水没でも治すことができるとか。

 

1度検索して電話で聞いてみてください。

 

ワイヤレスキーボードを購入

キーボードのべたつきが取れず、中身を拭いても一時的な効果しかありませんでした。

 

なのでBluetooth対応のキーボードを購入しました。

MacBookProの2016以降ではUSB-Cを採用していますし、ポートも13インチでは2つしかないのでBluetoothでないと厳しいです。


 

 

 今回購入したのがAnkerのワイヤレスキーボードです。

価格も2000円前後と安価で、電池式ですが稼働時間も長いです。

 

また、重量が軽く、キーボードの打感、反応速度も問題ないです。

 

色が白でThe Apple製品のような見た目なのも気に入っています。

またこのキーボード、iPhoneタブレットにも使えるというポイントがおすすめです。

 

データはGoogle ドライブ

f:id:doldol_96:20181226013849j:plain

いつパソコンが動かなくなってもいいように、データの逃げ場所は確保しておきましょう!

 

私はGoogle Driveを利用しました。

iCloudでもよかったのですが、次のパソコンをWindowsにしてもいいようにGoogle Driveにしました。

 

とても安心なのですが、問題点が1つだけ。

それはアップロードに通信量を使うことです。

 

モバイルWi-FIを使っていない人には関係のない話なのですが、私はWiMAXを使用しているため通信量に負荷がかかるのは少しデメリットです。

 

Google Driveを使用する前は3日で10GBの通信制限にかかることがなかったのですが、レポートが消えないように頻繁にアップロードしていると、どうしても通信量が多くなり頻繁に通信制限にかかるようになりました。

 

重要なデータが消えるよりはマシですが、少し残念なポイントです。

 

まとめ

Macは水没してしまうと、修理するのが大変なのでできるだけ水没しないよう、パソコンの周りに飲み物を置くのはやめましょう。

 

しかし、飲み物をこぼしても、Macを活かす方法はたくさんありますのでご安心してください。

 

もし電源がつかない等の症状でしたら、いきなり修理屋さんに持っていっても私のようにたらい回しにされてしまう可能性があります。

まずは、修理屋に電話で症状を伝え対処法を教えてもらいましょう!

 

パソコン修理の業者さんのリンクを貼っておきます。

参考になれば幸いです。