ドルログ

テニスの記事が多い大学生雑記ブログ

”テニスをする場所がない”そんな時はスポンジボールを使って自宅で壁打ち

どうも、こんにちはカノンです。

 

テニスをするのにはコートを借りる必要があります。

予約して、移動して、料金を払って。それらが面倒くさいときもありますよね。

 

もっと手頃に気軽に、家でテニスの練習ができたらいいなという時があります。

また、忙しくてテニスができない時期が長くなるとき。

 

そんなときに家で、周りをあまり気にせずテニスの練習ができる方法のご紹介です!

 

 

 

用意するものはラケットと”スポンジボール”

 

 

スポンジボールがあると家でもテニスの練習ができます。

 

私は、最初は普通の硬式ボールで練習していたのですが、隣の人に迷惑かなと思い、何かいい方法がないか考えているときに思いつきました。

 

かなり練習になる

f:id:doldol_96:20180113042758j:plain

 

このスポンジボールを部屋の壁に向かって、打っているだけでもいろいろな確認ができます。

 

特に役に立つのは”ボレー”の練習です。

 

スポンジボールといっても、少し悪い打ち方をするとしっかり伝わってきます。

今のはダメだったな、今のはよかったな。

特にボレーは感覚が重要なショットなので、毎日気軽に練習できると上達につながります。

 

また”サーブ”も膝を立てて打つ練習が実際にあるように、膝を立てて打つのは部屋でもできます。

回転のかけ方の練習ができます。

 

スポンジでも耐久性は高い

f:id:doldol_96:20180113043225j:plain

 

部屋で打つ分には、強いショットを打つことはありません。

 

そのためスポンジボールでも、すぐにダメになることがないのがいいところです。

また、バウンドなども気にしなくてすむので、スポンジボールで十分です。

 

音がほとんど無く、周囲に迷惑がかかりません。

 

まとめ

テニスを練習する場所がない!場所を探すのが面倒くさい!

そんな人にぴったりの練習アイテムがスポンジボールです。

 

以前までは、スポンジボールで練習とか意味ない、レッドボール(空気圧が低いボール)で練習とか意味ないと思っていたのですが、立派な練習になります。

 

こういう先入観を捨ててトライしていくことも必要だと感じました。

 

ぜひ、スポンジボールを使って部屋で練習、試してみてください!

ボレーの感覚がよくなること間違いなしです。