ドルログ

理系大学生の雑記ブログ

【テニス】ゴーセン G-TOUR3インプレ 実際にガットを使ってみての感想レビュー

どうも、こんにちはカノンです。

 

今回は、現在僕が使っているストリングであるGOSENの”G-TOUR3”の使用インプレ記事です。

 

Gosenは最近になってG-Tourシリーズのストリングを発売しましたが、その第2弾がG-Tour3です。

 

それでは紹介していきましょう。

 

 

ラケットはHEADグラフィンタッチスピード

f:id:doldol_96:20170902143353j:plain

www.doldol96.com

 

これは過去に僕が書いた記事です。

こちらで書いたように、現在はHEADグラフィンタッチスピードMPを使用しています。

 

ガットの特徴はインパクト時の感覚 

f:id:doldol_96:20171019211433p:plain

 

多くのプレイヤーに
「勝つ」喜びを。

テニスとは対戦競技であり、自分との闘いである。

精神の状態により、プレイの質は大きく変わる。

もし、信頼できるガットに出会えたならば、

プレイの質は安定し、より勝利へ近づく。

「勝つ」ために追究したのは、

インパクト時の「感覚」

今回重視したのは「感覚」。

特にプレイヤーのインパクト時の表現としてよく使われるのは、「打感(打球感)が良い/悪い」・「軽く感じる・重く感じる」
「打ちやすい/打ちにくい」など、感性的な表現である。
それは一体どうすれば良いと言ってもらえるのか?
その「感覚」を追究し、多くのプレイヤーが信頼できる
オールラウンドなポリエステルガットを目指し辿り着いたのが
「G-TOUR3」である。それは、打球感×初速多くのプレイヤーに良いと言ってもらえる
「感覚」作りを目指したGOSENが導き出した
答えの一つが「打球感×初速」。「くいつく打球感」と「最適なボールの反発性(=初速)」という
相反する2つの要素が掛け合わさり生まれるインパクト時の「信頼性」である。信頼性が高まることでよりアグレッシブに、
ポジティブにプレイが出来、今まで取れなかったポイントを奪取していく。
その積み重ねが「勝利」への近道である。(GOSEN公式サイトより引用 http://www.gosen-sp.jp/g-tour3/)

 

打球感と初速という今までは両立し難かったポイントを両立できていると書かれています。

 

実際に使ってみての感想!

僕がこのガットを貼る前に使っていたガットはYONEX ポリツアープロ130mmです。

ヨネックスのポリツアープロといえば柔らかいポリガットで有名ですよね。

 

さすがにポリツアープロの後だし硬く感じるかな?と思っていたら、

やわらかい!!!

予想を完全に超えてくる柔らかさでした。

 

そして柔らかいだけでなく、しっかりボールを弾いてくれるガットでした。

 

特にボレーやスライスなどは楽に飛ばしてくれて、しっかりガットに乗るので回転もかけやすかったです。

 

スピンをかければネットの高い部分を通り、フラットに当てればネットの低いところを、スイングスピードを上げれば質の高いボールが、スイングスピードを下げても楽にボールが飛んでくれる。

とても新しいストリングです。

 

まとめ

このガットはどんな人にでも自信を持っておすすめできるガットです。

 

スイングスピードやプレイスタイルによらず質の高いボールを打つことができます。

強いて言うとすれば、スライスやボレーに重点を置く人や柔らかいポリツアー系が好きな方は是非使ってみてください。