ドルログ

理系大学生の雑記ブログ

【ネタバレ含】サンシャイン水族館の「猛毒展」に行ってきた感想!つまらない?いやいや行くべき

f:id:doldol_96:20170808224025j:plain

どうも、こんにちはカノンです。

 

今日はサンシャイン水族館に「天空のペンギン」を見に行ってきました。

 

そのときにおもしろそうな看板が、、、、

 

毒毒毒毒毒毒毒毒毒(もうどく)展痛(ツー)

 

好奇心につられて見てきたので感想を書きたいと思います。

(ガンガンネタバレ含みます)

 

 

 

どこで見れるの?入場料は?

猛毒展が開催されているのは

 

池袋のサンシャインシティサンシャイン水族館の入場口近くです。

 

特設の展示場で9/3までの期間限定公開のようです。

 

ご好評につき期間が延長されたそうです。ラッキー!

 

基本入場料は600円です。

 

しかし、サンシャイン水族館の入場券などがあれば400円になります。

 

水族館などに行ったあとであればフラっと立ち寄ってしまう値段設定です。

 

入口前でとりあえず立ち止まる

f:id:doldol_96:20170808225038j:plain

入り口はこの写真みたいな感じなんですけど

カーテンを開けて自分で入っていく仕組みです。

 

勇気いりますよね(笑)

 

僕は少しためらって、人の後ろからいきました。

 

入ると「魔女の毒薬調合室」ゾーン

f:id:doldol_96:20170808230859j:plain

 

このゾーンでは、防御用の毒を持つ生物が展示されています。

 

f:id:doldol_96:20170808230914j:plain

 

各生物の横には毒のレベル分けがされている

f:id:doldol_96:20170808231248p:plain

 

毒のレベルは1〜5の5段階で分けられています。

 

軽い痛みから死亡例があるものまであります。

 

こういうレベル分けがしてあると、子供とかでもすごさがわかりますよね。

もちろん大人も。

 

スカンクの臭いが体験できる

f:id:doldol_96:20170808231436j:plain

 

スカンクが臭いニオイを発するというのは誰でも知っていますよね。

 

テレビでも芸人さんが嗅いで悶えるというシーンが何度も放送されています。

 

ここではボタンを押すだけでそのニオイを体験できます。

 

ただ安心してください(笑)

さすがに薄めてあるニオイだそうです。

 

ニオイはあれに似ている

なんのニオイに似ているかというと「にんにく」です。

 

でも普通のにんにくよりも強い香りでした。

 

これで薄めているニオイなら本物はすごいんだなと体感できます。

 

そして最後は危険すぎるレッドゾーン

f:id:doldol_96:20170808231851j:plain

最後は死亡例がある生物を展示しているレッドゾーンです。

 

写真の青酸カリの1000倍の毒を持つフグなど

超危険な生物のみのゾーンとなっています。

 

f:id:doldol_96:20170808232051j:plain

 

 

猛毒ヘビの燻製を触れる

f:id:doldol_96:20170808232200j:plain

 

こんなケースに猛毒ヘビの燻製が飾ってあります。

 

そしてそのケースには穴が、、、

 

「猛毒ヘビを触る勇気はあるか?」

という煽り文句も書いてあります。

 

もちろん触りました(笑)

 

感想は言わないでおきます。

 

まとめ

空気を吸うだけでも毒されそうで全く気が乗らずに入ったのですが

とても楽しめました。

 

最後のヘビやスカンクなど普段は体験できないこともできます。

 

料金も安いので、気になったら是非行ってみてください!

 

 

スポンサーリンク