ドルログ

理系大学生の雑記ブログ

たくさん寝るとお金貯まる説を検証してみた

おすすめ記事▼WOWOWならグランドスラムも錦織の試合も見放題!テニスファンにぜひ
スポンサーリンク

f:id:doldol_96:20170718203330p:plain

どうも、こんにちはカノンです。

 

最近は15時間くらい寝る日とオールする日が交互に来る生活をしています。

文章にするとめちゃくちゃ体に悪そうな生活ですね(笑)

 

で、オールしてるときってめちゃくちゃお金かかってると思うんですよね。

逆に寝てるときは全くかかってない。

 

そのことについて検証してみようと思います。

 

 

 

状況設定

寝るとき

夜12時に就寝し、翌朝12時に起きる

 

起きているとき

一睡もしない

 

この状況設定でいきたいとおもいます。

一見極端なようです、授業が午後からのときなどはよくやります。

 

めちゃくちゃ寝るときのメリット

お金がかからない

めちゃくちゃ寝るときのメリットは

朝ごはんと昼ごはんが自然と抜けるということです。

 

朝ごはんはパンだけとしても100円

昼ごはんは300円〜500円ほどかかります。

 

これだけでも600円は浮いているということです。

 

また、寝ている間はもちろん家中の電気を消しています。

ということは12時間は電気代が待機電力と充電くらいだけということです。

 

照明というのは1時間つけていても1円未満で12時間で約10円ほどと高くはありません。

 

しかし、つける時間が短ければ、照明の寿命を節約できます。

 

一人暮らしを始めてすぐの僕は朝昼飯を抜いていたので

かかる食費は夜飯だけと、とても食費が安かったです。

 

長く寝るデメリット

時間がもったいない

長く寝るデメリットは貴重な時間が減ることです。

 

時間というのはもちろん有限です。

 

例えばブログを書くのもそうですし、家事をするのも、友だちと遊ぶのも

寝ていればその時間が必然的に減ってしまいます。

 

しかし、目立ったデメリットは時間がなくなることくらいでしょうか。

 

オールのメリット

多くの時間が使える

僕が考えるオールのメリットは作業時間が増えることです。

 

受験勉強の際、オールをすると効率が悪くなるので、時間が増えても無駄とよく聞いていました。

 

確かに受験勉強のような暗記を伴うものをするときは絶対に寝た方がいいと思います。

 

しかし、大学生のオールはレポートなどを除けば

友だちと遊んだり、ゲームをしたり、動画を見たり、漫画を読んだり

効率が必要なものはあまりありません。

 

作業時間が解決してくれるものが多いです。

 

オールのデメリット

デメリットがまさにタイトルと関係します。

 

お金がかかる

デメリットは圧倒的にお金がかかります。

 

まず、夜間なわけで照明は常についています。

夏であればエアコンも必須です。

またテレビもつけっぱなしです。

 

寝ているときはかからなかった電気代がかかります。

 

 

また、オールにはお供が必要です。

 

眠気を消すカフェインとしてエナジードリンクやコーヒー

小腹がすいたとき用のお菓子やパン、カップラーメン

 

そして、寝ているときは必要なかった、朝飯昼飯代もかかります。

 

オールをするだけで1000円弱多くかかります。

 

健康に悪い

オールのデメリットは2つ目は健康に悪いことです。

 

単純に次の日がだるいというものから風邪をひくときまであります。

風邪を引いた場合、薬や食べ物、場合によっては病院と予算がかかります。

 

まとめ

結論としてはオールをするととてもお金がかかるということです。

体感としては、寝てるときより1000円ほど多くかかります。

 

早起きは3文の得ということわざもありますが

それは実際のお金の話じゃなくて能力の話ですね。

 

もちろん何もお供無しでオールできる人とかは違うと思いますが

そういう場合はあまりないと思います。

 

また、健康という部分を捨てるのはお金以上にもったいないです。

 

大学生は時間を有効に使えという教えは広く浸透していると思いますが

お金がないときはただ寝るというのも節約方法になりますね。

 

僕のおすすめはモンスターエナジーです。

特に緑と白の味が好きです。